日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説総合サイト

参加小説企画Novelite × 君は月夜に光り輝く

発売後たちまち大重版決定!感動の輪が広がる、第23回 電撃小説大賞 大賞受賞作品『君は月夜に光り輝く』とNoveliteのスペシャルコラボが実現!
参加してくれたみなさん、ありがとうございました!

♥ 小説テーマ:最後のお願い ♥

今週の注目作品

黒いシーツと残酷な願い

ジャンル:純文学・シリアス
作品を読む

離 脱/しゅんか

「生きる糧に、先輩が欲しい」

悲惨な事故の被害者・蓮巳忍(はすみしのぶ)。彼が“そう”だと誰もが知っている息苦しい世界で、彼は邂逅する。人間と動物の、理性と欲求の、瀬戸際で生きているような彼女と。
――ただただ、愛おしいと思った
――私たちは、狂っている。それでも私たちは、狂わないと、生きてこれなかった。

オススメPoint

守りたい。幸せにしたい。そう思った彼女には、唯一無二の存在がいる。守るためには、彼女たちを引き離すことだけは、しちゃいけない。それが2人にとって、何よりの不幸だと。生きる意味さえ失うことだと。誰しもが知っていたから。
けれど。それでも。そう、だったとしても。――ちょっと、きつい。
……そんな彼女の最後の願いは、この世界でいちばん、残酷な願い。

花言葉は神託と別離と――

鼓草-壱-【完】/赤田ヤオ

「俺は、お前の顔が見たい」

琴音がタイムスリップした先は1862年日野。そこで出会ったのは後の新撰組隊士達、そして鬼の副長となる土方歳三。土方と琴音を繋ぐのは、未来と変わらない鼓草だった。

強がり女医 × 年下患者

それは無理な話。[完]/丸

「否定する理由が、“それ”なら、諦めるなんて絶対無理ですよ」

大切な人を亡くし、まだ進むことができない彼女とそんな彼女を好きになった彼のおはなし。「好きな人いるから―」
「だから諦めろっていうんですか?それは無理な話ですね」

大切な日々

『心の中の大切な日記』/ガースケ

「俺はお前が大好きやッ!!いつだって傍にいる」

下校中の駅で起こった出来事をきっかけに出会った二人の高校生。二人はあるおばあさんを通して過去や未来をみつめ、その日々が『心の中の大切な日記』となる。

君がいるから

君ありて、世界は美しい。/漣 千早

「いるよ。そばにいるよ。…一緒に生きたい」

『…ねぇ、アンタは知ってた?俺の世界には、まだ生きる光があったこと』
時は戦乱の戦国時代。太閤の側室に仕える私が出逢ったのは、どこまでも綺麗な青年でした。

最初で、最後

モクシュンギク 【完】/木染 七

「俺は、誰よりも何よりも、貴女の幸せを祈っております」

願わくば、貴方だけを想い、貴方の傍で、貴方と共に生きたい

彼女の秘密

明日を買わなくちゃ。/葉月結花

「また一緒ですね」

『チケットを買うの。私はそれを買わないと、明日を生きられない。』
僕の逃げ出したい今日と、彼女の二回目の人生。笑顔に隠した秘密。生きることと、死ぬこと。

デートしよう

雪のように儚い彼女/神木うさ

「美玲は俺のこと、好き…?」

俺の愛した彼女は儚くて、消えそうな女だった。

わたしたちは異常者だ。

花時計【完】/すばる椛

「僕がいるときに考え事は禁止ですよ」

何色にも染まらない彼が、口元だけは赤く染める
「今日も良い天気ですね」
彼はどんな天気でもわたしに、そう言う。

約束

/ちび

「…僕、アカリがしたいことは全力で応援するからね」

キヨは私に最後のお願いをした「――――――笑って…」

今、君に告げたい言葉

ジャンル:純文学・シリアス
作品を読む

セプテンバーモーメント/朝日

「貴方の生きる先に私がいなくても、明日へ向かって進んでいってください」

無機質な世界を変えたのは、心臓の音が聞こえない人間。燃えるような夕日、鮮やかな茜色の思い出。それは9月の一瞬の出来事だった。

オススメPoint

世界から隔離されたような空間。消えたいとさえ思っていた俺の元へやってきたのは、
「初めまして、臼井様」「うわ、きったない部屋」「私はとある方に依頼されて参りました。貴方と3つの約束を交わすために」
自らをエミーと名乗るアンドロイド――。

残された孤独と託された希望。泣けない「彼女」が笑えない「俺」に向けて紡ぐのは、あの子の最期のメッセージ。どうか、最後の約束を、交わそう?

もう一生やらないこと

506/藤川 巴

「わかってねえフリは、もうさせねぇから」

今にも窒息してしまいそうな息を継いで、煙草の香りがする指先で触れた。愛してるなんて、呪いみたいな言葉だ。

我が愛しき比翼連理

あなたの愛した舞を舞う【完】/緋紗羅

「我が命、そなたに注ぐ―――」

追われる源義経と彼の最愛の人、静御前。生きろと願い願われた。追いつめられながらも愛し合う彼らの終焉は――。

ホラー × 哀しい

暗がりに鬼を繋ぐ【完】/百々華

「ねぇ、おかあさん……もう怖い人はいない?」

幼い頃に刻まれたアザ──それが広がり、蠢き始める。憑き纏うモノからどう逃げればいいのか。なぜ自分が狙われる?冷たい悪意の正体は?それは恐ろしくも、哀しい物語

1人の男の不思議な物語

死にたがりのブルース【完】/林トウヤ

「それでも俺は、死に物狂いで足掻いて、生きてみるよ」

「さぁ、何度でも死んでみようか?」
閻魔大王に命じられ、自殺した日を繰り返す、“生と死”の物語

金木犀の咲く頃に

二回目は陽の当たる場所で【完】/紺谷リサ

「そんな顔をするな。俺はちゃんと此処にいる」

「俺の言うことは絶対だ」
私の敬愛するご主人様は、誰よりも美しくて、誰よりも優しい。そんな彼と、原因不明の難病と、使用人のわたし

ゆるやかな再生

JUN-AI ~身がわりラバーズ~/clover cat

「…俺も、逃げて来たんだ」

アカウント名:殉愛
ねぇ…
最愛の人を亡くして、どう生きればいいっていうの?

目を覚ましたら、あなたは

別れる直前にした男と、別れた直後にした女【完】/永

「こういうときは甘えん坊になるんだもんな」

第一印象は「遊び人」。その推測は的中。だから彼を毛嫌いしていたのに――。彼が私に刻み込んだ記憶はもうきっと拭い切れない

僕の幸せを、貴方と…?

re:today[完]/逢坂上都

「世の中、綺麗事がないと回りませんよ」

貴方の幸せを、僕が紡げるのだろうか。
疲れた小説家 × 絶望した編集者 の出会いの話。

千年樹の下で

千年樹[完]/花宮 りと

「待ってて。次は俺から迎えに行くから」

(幾千ものの時を越えようとも、)
(あなただけを愛すと誓いましょう。)
時を超えた純愛ストーリー

このテーマの作品をもっと見る♡

「君は月夜に光り輝く」ってこんな小説!

君は月夜に光り輝く

大好評発売中!!

メディアワークス文庫

君は月夜に光り輝く
/著:佐野徹夜 イラスト:loundraw

圧倒的感動で読む人すべての心をしめつけた最高のラブストーリー
4,878作品の大賞に輝いた第23回 電撃小説大賞受賞作

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…
「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」
この約束から、止まっていた彼女と僕の時間が動きはじめた――。

立ち読み試し読みはコチラから!

公式サイト公式サイトをチェック!

「最近こんな小説流行ってるよね!」「こんなテーマの作品を読みたい!」
そんなご意見をお待ちしております☆

リクエストはこちらから!

♥ 他のテーマもCHECK!♥

キャンパスライフ

キャンパスライフ

上京、ひとり暮らし、サークル、教授……。憧れと現実が入り混じる大学生。オトナでもない、コドモでもない、揺れ動くキャンパスライフを特集。

「……もう何処にも行かないで」

地味子が主役

地味子が主役

恋に臆病で、友情に気弱で、でもひたむきで。地味で控えめだけど、幸せに向かって一生懸命手を伸ばす。地味子も地味OLもみんなが主役♡

「お前、俺らに逆らっていいと思ってんの?」

他のテーマをもっと見る♡

このページのTOPへ