日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説総合サイト

小説 日間 青春・友情ランキング

1

クアッド・ロン

少女は、"彼ら"と出逢うべくして出逢った。

朴 ミンア Stay11348pt 1266人

2

刺獅【完】

暴走族とか仲間とかくだらない。あたしは一人で生き抜く為に力をつけた。

桃犂 Up4306pt 8927人

3

クアッド・ロン 2nd

少女と"彼ら"の歯車が、新たに動き出す─────…

朴 ミンア Down4281pt 660人

4

覇王~Blue Moonstone ~ 第一部 【完】

誰もを惹きつける魅力を持つ女の子。彼女の前に現れた狼のような彼は暴走族 覇王の17代目総長。Blue Moonston~覇王~と対になります。彼女視点 メインです。

藍月りお Down3882pt 17537人

5

『心の中の大切な日記』 by健介

高校3年生になった健介は今の自分の気持ちを忘れないために『心の中の大切な日記』を書き始めた。彼の日記が誰かの勇気につながることを願って。。

ガースケ Up2910pt 9983人

6

花くれない【完】

「俺に助けてって言え」 俺様なその人は、誰をも惹きつける"白い虎"だった。

雛菊 Stay2827pt 7105人

7

天帝の姫 上 【完】修正中

孤高の天帝は冷血の姫に恋をした。 出会いは一瞬。 囚われたのはどちらだ。 二人を取り巻く運命が大きなうねりとなる。 果たして、先の未来に幸せはあるのか?

蒼空∞ Down2810pt 9220人

8

香坂さん家の孫娘─上─【完】

“あの”香坂さん家の孫娘―志乃―が、とある族のお姫様に喧嘩を売りましたとさ。どうなることやら…。 暴走族/逆ハー/イケメン/兄弟/姫…etc.

花音 Down2726pt 15245人

9

覇王~Blue Moonstone ~ 第二部 【完】

誰もを惹きつける魅力を持つ女の子。彼女の前に現れた狼のような彼は暴走族 覇王の17代目総長。第2部突入しましたッ

藍月りお Stay2515pt 10028人

10

修羅と鬼神【上・完】

西の風俗街で出逢った男。その男は破壊と破滅を背負っていた。男の行き着く先に在るものとは…。

鴇十トト Down2150pt 6086人

11

覇王~Blue Moonstone ~ 第三部 【完】

誰もを惹きつける魅力を持つ女の子。彼女の前に現れた狼のような彼は暴走族 覇王の17代目総長。第3部突入しましたッ

藍月りお Up2134pt 8176人

12

飛龍 下 【完】

出会ったのは奇跡で、きっと必然だった。馬鹿だったり、キュンとしたり、時には切なかったり。 運命で必然な出会いの物語。

星紗 Down1996pt 9267人

13

飛龍 上【完】

兄の忘れ物を届ける最中、出会ったのは兄の所属する暴走族の総長で……。 個性豊かなメンバーに、ブラコンお嬢様が出逢いました。きっと、奇跡で必然な出逢いだった。

星紗 Down1994pt 15078人

14

鈴蘭学園物語Ⅰ

母を亡くし天涯孤独の身となった庶民代表の男前主人公が全寮制の超お金持ち校に通う、そんなお話。

シグレ Down1911pt 7489人

15

刺獅ーⅡー【完】

刺すように敵を倒し、獅子のように強い。その正体はー…一人の女

桃犂 Up1903pt 3363人

16

覇王~Blue Moonstone ~ 第五部【完】

誰もを惹きつける魅力を持つ女の子。彼女の前に現れた狼のような彼は暴走族 覇王の17代目総長。とうとう⑤デス ヨロシクお付き合い下さいッ

藍月りお Down1830pt 6006人

17

覇王~Blue Moonstone ~ 第四部【完】

誰もを惹きつける魅力を持つ女の子。彼女の前に現れた狼のような彼は暴走族 覇王の17代目総長。

藍月りお Down1817pt 7017人

18

刺獅ーⅢー【完】

刺すように敵を倒し、獅子のように強い。その正体はー…一人の女 刺獅-Ⅲ- 開始

桃犂 Up1776pt 2670人

19

野良猫サーカス 4

「大好き、でした」 野良猫ガール×美形不良軍団×純粋お姫様 涙と別れの第四弾

春乃 音 Down1721pt 5510人

20

鈴蘭学園物語Ⅱ【完】

母を亡くし天涯孤独の身となった庶民代表男前主人公が全寮制の超お金持ち校で歩む、波瀾万丈の学園物語第二幕。始まり始まり。俺様、男装、不良、腹黒etc.

シグレ Down1718pt 5225人

いろんなランキング

  • しおり数
  • イイね!数
  • SNS拡散数
  • 累計読者数
  • レビュー数
このページのTOPへ