日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説総合サイト

参加小説企画Novelite 短編これくしょん

オススメ作品のピックアップは今回でラスト☆
参加してくれたみなさん、ありがとうございました♪

♥ 小説テーマ:短編 ♥

今週の注目作品

散りばめられた欠片

ジャンル:恋愛
作品を読む

Remember me./やみる

「…俺以外好きにならないで。ずっと俺のこと好きでいて」

目覚めると、酷く優しくて温かい彼の腕の中だった。
だけど―――この優しい人が誰なのか分からない

オススメPoint

優しい声で目を覚ました茅子(ちこ)を待っていたのは、名前も知らない、恋人かどうかもわからない、淡い茶髪の彼だった。どうしようもなく愛しくて、なぜか懐かしさを感じる生活。どうか、この穏やかな日々を、ずっと、ずっと。
切なさと可愛らしさの詰まったラストは必見です。

無口 × 無感情 × 無表情男

トモダチの領分【完】/藤

「お前は怒るか泣くかどっちかだな」

大事な友達が、モテるチャラ男と付き合いだした。絶対反対!すると、チャラ男の友達もこう言い出した。「俺もそうだ」

じんわり胸キュン

ちょっとしたお話/須桜宮花

「そんな俺も嫌いじゃないでしょ?」

役者×スタッフ、生徒×先生、常連になった男×コンビニ店員、先生×生徒。それぞれのちょっとした幸せ悲しみ

俺は君の目印

色恋うて、夏描く。/昊野 宇美

「俺の事、ちょっとは男として意識しろよ」

俺の絵よりも俺自身を好きになって欲しい。不毛な恋より、もっと身近にある恋をして欲しい。行き場のない感情を、ひとり静かにキャンバスへ込める。

策士エリート部長

甘く香る大嫌いな、キス。/花戸うみ

「……一生離さない。離せない。それぐらい惚れてる」

仁華(ひとか)は女子社員憧れの的・日浦部長のことがとある理由から苦手。そんな中、部長と二人っきりで――。

いなくなるの定義って?

Good bye days./独走文学

「サヨナラ。また何処かで」

まだ、まだ、伝えられていないことが沢山あるんだ。いなくらないで。私の中から、いなくならないで

好きすぎて死にそう

誠実な彼女、不誠実な彼【完】/ヒトミ

「離してなんかやんねーよ」

いつか誰か、俺じゃない誰かがお前と一緒になった時、その時を想像しただけで俺は。

恋愛奔放彼 × 一途彼女

あなたのせいで、/卯花かなり

「何度も諦めようと思ったけれど、無理だった」

愛され過ぎると、重くなる」恋愛に対して自由奔放な梶先輩。だから私は今日も、嘘を吐く

つまみぐいにスパイスを

リスタートフォール/雪那 樹梨

「…俺のことを男として意識しちゃってますって顔」

浮気彼氏に一方的に別れを告げ、雨の中飛び出した。慰めてくれたのは、弱みに付け込んできた先輩だった。

臆病なアタシ × 可愛いキミ

写し鏡の彼《完》/みのり

「…ごめん、告白とかするのも初めてだから、この先、どうしたら良いか分からない」

地味で日陰者で華もない女子が、THE・自分リニューアルしちゃいました。

言えなかった永遠

彼と彼女の話。【完結】/野茨真月

「大嫌いよ…………」

愛しそうに、泣き出しそうに、幸せそうに笑う彼。彼はいつも、わらうのに――。

地獄で会えたら、また

貴方の愛に溺れて、死ぬ/あいみ

「それまで忘れないで、俺とのキス覚えてて」

私が貴方の愛に溺れてしまった時から、私たちはこうなる運命だった。

美しい声で囁いた

[短編]妖の声(完)/むーみん

「……もう泣かなくていいって言ってやりたくなったんだ」

放課後、使われていない音楽室。友達のいない私は、継接ぎだらけの人形“ミーくん”に、秘密のレッスンを受ける。

ちっぽけな片思い

ジャンル:恋愛
作品を読む

コンビニの先輩。/朝比奈ヨウ

「俺がいなくなるのがそんなに寂しいの?」

バイトが始まる前と終わった後、煙草を吸う。くだらないことをぺちゃくちゃ話す。いちいち顔がうるさい。
変な先輩だけど、私はこの人が好きだ。

オススメPoint

『好き』なんて言えず、先輩との回想にふけながら涙する主人公がひたすら可愛くて。不思議な言動はあるものの、明るい性格の先輩がとにかく素敵で。少ないページ数でも思わず目頭が熱くなる、とてもキュートな作品でした。

1番気になってること

こどものころ。/吐季

「あとひとつ、お前の夢が叶えられそうだ」

子供の頃の俺よ、なにか聞きたいことはあるか?
これは、とあるヒーロー物語

「二人」のオムニバス

君との会話【短編集】/色城みかん

「俺に集中して」

ヤマモトさんとタカハシ。タキガワとシマダ。スズムラとタナベ。ナナとリク。ほっこりして甘い、4つの物語

結婚 → マンション購入

優良物件/楠原 ヨウ

「来週私の両親に会って」

“年の割に薄っぺらい”若い男性社員たちにそんな陰口を叩かれていた、アラサーOLサヤカ。奴らを見返すには幸せな結婚しかない!?

黒でも金でも

そんなキミが好きなので、観念してください/丸井とまと

「ガセじゃない。本当だから」

成績優秀な少年が恋したのは、悪名が高い同じクラスの金髪少女。最初から勝算のない片想い。それでも彼は諦めない

私の名前は、もがみ さくら

私を呼んで/盛岡 ふゆせ

「じゃあ、もう見ないで……」

私の周りには『さくら』という名の子が必ずいた。今のクラスにも、中学の時も。だからいつからか私には、“もがちゃん”というあだ名が付いていた。

ミヤマと、ソノダ。

6.3%【完】/冬野はなび

「……ほんとお前、ぶっさいくだなあ」

この味噌ラーメンの、この濃さを知っているのは、世界中で私ときみの二人だけだ。

一途は損をする

届くことないこの想い【完】/楓 乃 音

「好きだよ。なんか悪い?」

私の気持ちに気づかないで無邪気に笑うあなたの隣で、私はあなたに恋をしている

ラッキーフードは海鮮丼

そんな誕生日も悪くない/成宮まりい

「俺が、コイツにアピったの。だから、邪魔すんな」

今日はナズナの誕生日。しかし朝からついてないことばかり。

後ろの正面だあれ?

フギット・アモール【完】/鈴原夏夜乃

「伝えておきたいことがあるんです」

私の小さな小さな幸福。それを壊そうとする人間が万が一いたら、絶対に許すことはできない

“ゴッコ遊び”の終わり

『夏の夜と彼』【完】/NEAR

「私にしなよ」

“君がいないと生きていけない
本気でそう思ったのは、後にも先にも君だけ

入居希望者

屋根裏の王子様/犬甘

「今夜、一緒に寝ようか」

あの子、必死だったな。……僕は、あることを思いついた。とても、いいことを。あの子を僕のそばに置いちゃえばいいんだ。

不安は夜にやってくる

ハルが来た日/星野 光

「分かってるくせに認めたくないだけなんだよ」

何がいけなかったのか。どんどん連絡が減って、会っている時の温度差も感じていた。……私達はもう、終わりだった

誰がどう見ても

七瀬君が優しい理由。【完】/いのは

「大丈夫。怖くないよ」

みんなに怖がられている不良の七瀬君。ある夜、わたしは彼が優しいってことを知ったのです。

大人になったら贈るもの

泣きたくなる/なお

「もう…俺のものでいい?」

自分への嫌悪感と、誰にも言えない罪悪感……。足取りは重い。それでも、帰らなくては

先輩 × 後輩 = 甘々♥

傍にいればいいよ。/切雨愛

「…違うよ、俺のやきもち」

学年問わず人気者のユウ先輩と付き合っているハルカ。バカップル?ほのぼのカップルの日常

このテーマの作品をもっと見る♡

「最近こんな小説流行ってるよね!」「こんなテーマの作品を読みたい!」
そんなご意見をお待ちしております☆

リクエストはこちらから!

♥ 他のテーマもCHECK!♥

魔法・超能力

魔法・超能力

それは諸刃の剣か、世界を救う盾となるのか――。 魔法や超能力に焦点を当てた物語を大特集!

「側にいてよ。悪いようにはしない」

悪女特集

悪女特集

他人のものほど欲しくなる。手に入らないからこそ魅力的。気付けば周囲からはそう呼ばれていたけれど、ごめんね、手を引く気はないの。

「じゃあ、奪っちゃえばいいんじゃない?」

他のテーマをもっと見る♡

このページのTOPへ