日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説総合サイト

注目作家インタビュー 作家さんの生の声&魅力をお届け★

魔法のiらんどNOVEL 注目作家さんへのインタビューを毎月ご紹介!
作家さんの魅力をお届けします★

蜜虫さん

2018年3月の注目作家

蜜虫さん

リクエスト作家さん、3月おふたり目は、『君しか見えない【完】』『白井さんは綺麗な猫をかぶる』など短編を中心に作品多数!の蜜虫(ミツムシ)さんがご登場!

Q1.魔法のiらんどを利用し始めたキッカケを教えてください!

きっかけは『恋空』です。ケータイ小説が映画化されると知って、ケータイ小説ってどんな世界なんだろうと興味を持ちました。

Q2.初めて書いた作品はどんな作品ですか?当時を振り返ってどんな思い出がありますか?

初めて書いた作品は『恋愛偏差値』という3人の女性の恋愛観を描いた作品です。これはだいぶ昔に書いたものをそのまま魔法のiらんどにアップしているので、今読み返すと粗削りで恥ずかしいですね。近いうちに微修正したいと思っております。当時は本当に自分のテンポでゆるーく作家活動をしていて、どちらかと言うとまだ読者側の意識が強かったなと思います。でも少しずつイイね!をして頂けたり、有難いことにファンになって下さる方が居たりして、だんだん作者側に傾いていきました。

Q3.キャラクターの設定は、どのように決めていきますか?

まずキャラクターの芯を決めます。そのキャラクターの譲れないものというか生き甲斐みたいなそういう根っこの部分ですね。そしてその流れで性格だったり、立ち位置を決めます。社会人だったら平(ひら)なのか、それとも上役なのか、とか。次に年齢と名前。名前は私の中で意外と重要だったりします。おしとやかな女の子だったら、やっぱり柔らかい響きの名前にしたいと思いますので。古風な可愛い名前が好きです(笑)。

Q4.ご自身の作品で、特に思い入れのある作品は?

恋する喫茶店』です。

Q5.『恋する喫茶店』への思い入れや、アピールポイントを教えてください!

あとがきにも書いたのですが、自分の中で原点回帰と言いますか、とにかく初心に戻って初(うぶ)な可愛らしい恋の話を書こうと思って書いたので、チャレンジ作品だったんです。なので、あまり読者様の反応はよくないのではないかと予想していたのですが、その予想は有難いことに見事に覆り、たくさんのイイね!や素敵なレビューを頂けました。書き終えてみて、読み返して、わりと最近の作品だからというのもあると思いますが、今の私が書けることは全部書ききった作品だと思いますので、現時点で一番のお気に入りです。特にヒロインの相手役は、自分の100%好みの男性を書けて満足しております(笑)。優しい大人の男性が好きな方は是非、読んで下さったら嬉しいです。

Q6.ご自身の作品で、特に思い入れのあるキャラクターを教えてください!

君しか見えない』の神山玲二です。

Q7.「神山玲二」への思い入れや、このキャラクターのここを見て!といったポイントを教えてください!

このキャラクターは自分が考えたキャラクターのはずなのに、ほんっとうに難産で……(笑)。ヒロインはスラスラと台詞を書けるのに彼はなかなか書けませんでした。ストーリーを進めていく上で勝手に成長し、勝手に親である私の手元を離れて一人歩きしていった感じです。だからこそ思い入れがありますね。手のかかる子ほど可愛いとは、このことだなと。彼は芯がしっかりと決まっていたからこそ、書いてて楽しくはありました。何より、読者様に彼が好きと言って頂けて嬉しかったです。恐らく私の作品の中で一番、愛されたキャラクターではないでしょうか。私の作品史上、一番難しいキャラクターでしたが(笑)。

Q8.プロットやメモなどは作成しますか?作成する際のやり方を教えてください!

以前はわりと細かなプロットを書いてましたね。まずタイトル、そしてあらすじとキャラクター設定。そして章ごとにどんな山場を作るか、どんな台詞を入れたいか、とか。ですが最近はそこまで細かく書いていません。書くことに慣れてきたのもあると思いますが、あまり最初から決め過ぎても面白くないなと。それに結局、ストーリーが進むにつれてキャラクターが勝手に動き始めますしね。ですが思いついたら忘れないように、あらすじなんかは今でもメモします。

Q9.執筆する上でこだわっている部分や意識していることはありますか?

こだわっているのは、キャラクターの芯ですね。そのキャラクターは“何者”なのか。何のために生きているのか。最近はあえてそこをぼかしたキャラクターも書いたりしましたが、やっぱり読者様から愛されるキャラクターは芯がしっかりとしているキャラクターなのかなと。そして意外にこだわっているのがタイトルです。パッと見て、どんな作品なのか想像できるようなタイトルを心がけてます。あと語呂も大事ですよね。

Q10.読者のみなさんとのコミュニケーションは活用していますか?

今はブログと私書箱でコミュニケーションをとっています。アナログ人間でTwitterが苦手なのでこうしてます。基本的にブログで作品の裏話や、レビューやメッセージのお返事をさせて頂いています。小心者なので、批判がきたらどうしようかとか密かに怖がっていたのですが、有難いことに応援メッセージばかりで皆様には感謝感謝です。

Q11.好きなものやハマっていることを教えてください!

好きなものは乙女ゲームです(笑)。小説を書くことと同じく、私のストレス発散でありサプリメントのような感じです。

Q12.今後書いてみたいストーリーや展望を教えてください!

今後はやはり、どんどんチャレンジして行きたいと思っています。まず、私の苦手としているヤンキー(笑)。次の長編はヤンキー君を書きたいと考えています。あとは、ずっと書いてみたいと思っている平安時代の話をいつか書けたらなと。ネタ帳にあらすじやキャラクター設定だけ書きとめてあるので、いつかカタチにしたいと思っています。

Q13.最後に、読者のみなさんへメッセージをお願いします!

初めましての方もそうじゃない方も、ここまで読んで下さってありがとうございます。自分の妄想をカタチにしていただけのはずが、まさかこんな素敵な機会を頂けるくらいにたくさんの方に作品を読んで頂きまして、読者の皆様にはいつも心から感謝しています。まだまだ発展途上な作者ですので、今後も末永く温かな目で見て頂けたら幸いです。

← 注目作家 一覧に戻る

このページのTOPへ