日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説総合サイト

注目作家インタビュー 作家さんの生の声&魅力をお届け★

魔法のiらんどNOVEL 注目作家さんへのインタビューを毎月ご紹介!
作家さんの魅力をお届けします★

ヒトミさん

2018年4月の注目作家

ヒトミさん

『酔わせた責任、とってください。【完】』が4月月間ランキング第3位を獲得!ヒトミさんにお話を伺いました!

Q1.魔法のiらんどを利用し始めたキッカケを教えてください!

恋空』を読んだことがきっかけです。同年代の女の子のリアルな恋愛と心理描写に衝撃を受けて、それからたくさんのケータイ小説を読み漁りました。いつしか自分でも書いてみたいと思い、好きな小説が一番投稿されていた魔法のiらんどで書き始めました。

Q2.初めて書いた作品はどんな作品ですか?当時を振り返ってどんな思い出がありますか?

初めて書いた作品は『少年少女はふと想う』です。今でも作品一覧にひっそりと置いてあります。高校を卒業した時のなんとも言えない、あの頃にしか経験できない感情をどうにか言葉にしたくて書き始めましたが、時が経つにつれて続けることが難しくなり……。完結させたいのですが、中々思うように筆が進まず、かと言って消すこともできず、たくさんの葛藤がありつつも、大切な作品です。

――『酔わせた責任、とってください。【完】』についてお伺いします!

Q3.この作品を執筆された動機や、ストーリーを思いついたキッカケなどを教えてください!

主人公とその相手は、前作『ピアスホール』の登場人物になっています。『ピアスホール』がたくさんの方に読んでもらえてなにかお礼ができないかと考えた時に、この2人の物語を書いたら面白いんじゃないかと思いました。ちょうど男の子の職業が特殊なこともあり、題材として良いかと。私自身も大好きなキャラクターだったので、なんとしてもこの子を幸せにする!と意気込んで書いていました。

Q4.完結までの執筆期間やその間の更新頻度を教えてください!

完結までは2、3ヶ月くらいかかりました。更新はなるべく毎日、1ページは書こうと決めて頑張っていました。私の性格上、時間が空いてしまうと手が止まってしまうことがあるので、習慣づけることを意識して執筆していました。

Q5.執筆する上でこだわっていた部分を教えてください!

執筆作品を客観的に振り返るため、一読者としてサイトにアクセスし、自身の小説を読むというスタイルをとっていました。読みづらいところや気になる表現の仕方など、読者の立場からいろいろと気づくことがありました。

また、完結するまではファン限定公開で更新していました。未完成なものを一般公開することが申し訳なかったことと、私の小説を待ってくれている方に一番に読んで欲しかったからです。現在連載中の作品もそうしています。

Q6.完結までに苦労したことや、大変だったことを教えてください!

ヒーロー役の職業が特殊で関わったこともなかったので、分からないことがたくさんあり大変でした。でも調べるうちに色々なカクテルの種類や味を知ることができて面白かったです。プライベートでも飲む機会があったら頼んでみたりもして、世界観に触れられたようで嬉しかったです。

Q7.キャラクターの設定は、どのように決めていきますか?

基本的に話の流れに合わせて年齢や性格を決めていきます。物語が進んでいくにつれて細かい設定などを足していきます。女の子よりも、男の子のほうに力を入れてる節がありますね。読んでくださるのは女性の方が多いですし、私自身もときめくような男の子を書きたいので、つい……。

Q8.読者のみなさんとのコミュニケーションは活用していますか?

Twitterを最近始めたので、小説の更新やキャラクター達の会話などを呟いています。たまに感想などを送ってくれる方がいて、とても嬉しいです。今後も作品の裏話など、発信することを見つけていきたいと思います。リクエスト等も受け付けております!

Q9.今後書いてみたいストーリーや展望を教えてください!

連載している作品が3つありますので、そちらの更新を頑張っていきたいです。それぞれ違ったジャンルなので、読者様はどれが好きなのかぜひ教えて頂けたら嬉しいです。うち1つは、今回の作品と縁がある内容になっております。時間があったら番外編なども更新できたらと思っております!

Q10.最後に、読者のみなさんへメッセージをお願いします!

初めまして!ヒトミと申します。ずっと長編を書くことが苦手で、今まで出した作品も短編ばかりだったのですが、読者様のおかげで無事に作品を完結させることができました。待ってくださる方、読んでくださる方、応援してくださる方がいるだけでとんでもなく頑張る力がみなぎって、今までできないと思っていたことも成し遂げられて、もう感無量です。これからも皆様に楽しんで頂けるようなお話を執筆できるよう頑張ります!いつも本当にありがとうございます!

← 注目作家 一覧に戻る

このページのTOPへ