日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説総合サイト

注目作家インタビュー 作家さんの生の声&魅力をお届け★

魔法のiらんどNOVEL 注目作家さんへのインタビューを毎月ご紹介!
作家さんの魅力をお届けします★

藤川 巴さん

2019年2月の注目作家

藤川 巴さん

リクエストにお応えして!感動の声、続出…『マーメイド・キス【完】』の著者・藤川 巴(ふじかわ ともえ)さんがご登場。数々の作品の秘話を教えてくれました♪

Q1.魔法のiらんどを利用し始めたキッカケを教えてください!

色々ありますが、新しい名義で恋愛小説でも書こうかなあと相談すると、友人が「じゃあ魔法のiらんどとかいいんじゃない?」と推薦してくれたことがきっかけだったような。そんな気がしています。

Q2.初めて書いた作品はどんな作品ですか?当時を振り返ってどんな思い出がありますか?

あの夏、私たちはまだ18だった。』がはじめての長編作品です。はじめに書くならば、魔法のiらんどらしい王道物の青春ラブストーリーを書きたいと思っていました。誰にも見られぬところで書いていたつもりが、レビューをいただいて大変に驚いた記憶があります。

Q3.どういった時にストーリーを思いつきますか?

いっとう寒い夜の帰り道には、ぼんやりと思い浮かんだりします。うつくしい星空に、気分が舞い上がっている時、明日の予定を考えるみたいに普通に思い出したりする。隣の誰かの鼓動で揺れる電車の中とか。キャベツをみじん切りにしているときとか。私のものがたりは、特別目新しいことじゃなく、いつも通りの生活の中にあるように思います。

Q4.キャラクターの設定は、どのように決めていきますか?

誕生日や好きなものなど、細かいところはキャラクターの人間性から想像して、プロットを立てる時に全て決めています。人格形成で大切にしているのは没個性的な脇役や悪役を作らないこと。どの作品のキャラクターも主人公になるべきだと思うから、どこかの作品で脇役をしていても違う作品ではヒーローだったりしています。

Q5.ご自身の作品で、特に思い入れのある作品は?

夕暮れは、きみを隠して』です。

Q6.『夕暮れは、きみを隠して』への思い入れや、アピールポイントを教えてください!

作品の中に、いつも私の拙作を読んでくださっている皆さんへの感謝の気持ちを込めました。また、作品自体も大げさなラブストーリーじゃなく、当たり前にそこにあるような、隣の部屋に住んでいる二人の話なんじゃないかと思えるような普通の話を目指して書きました。

Q7.ご自身の作品で、特に思い入れのあるキャラクターを教えてください!

マーメイド・キス』の九条葉月です。

Q8.「九条葉月」への思い入れや、このキャラクターのここを見て!といったポイントを教えてください!

『マーメイド・キス』のヒーローとして描いたのですが、びっくりするくらい曲者で書きづらかったので印象に残っています。とても我慢強い人です。それに強かで、意外と打たれ弱い。他人からの評価に沿うように行動してしまうから、素直になれないことが多くて中々物語が進まなかった記憶があります。王子様キャラクターの人は大変なんだなあと改めて感じました(笑)。

Q9.プロットやメモなどは作成しますか?作成する際のやり方を教えてください!

ルーズリーフに手書きします。セリフなどのメモは携帯に保存したりもしています。だいたい1つのセクションは20ページくらいで作っていますので、12個くらいのナンバリングをして一つずつエピソードを書いていきます。基本的にはセリフとポイントになる動きを書き出しているくらいです。短編(150ページくらい)であればプロットを作成しないで書き上げることも多いです。

Q10.執筆する上でこだわっている部分や意識していることはありますか?

極端な悪人を作らないこと、ありふれた普通の生活を描くこと、10年後に自分が不意に思い出しても後悔しない作品にすること、目的を明確にして作品を書き始めること、自分に嘘をつかないこと。

Q11.作品を完結させるまでの執筆期間やその間の更新頻度を教えてください!

150ページくらいの作品だと3日くらい、長編だと1~3ヶ月くらいでしょうか。私生活がもぞもぞしてくると、かなり遅くなります。マイペースです。

Q12.読者のみなさんとのコミュニケーションは活用していますか?

あまりコミュニケーションツールを持っていないのですが、以前はTwitterなどで物語にもならないような言葉を投稿して意見をいただいたりとか、創作の周年記念のSS投票や次の更新作品のアンケートなどに参加いただいていました。今はサイトのメールフォームから作品への感想や季節のご挨拶などをくださる方がいて、それを見ながらまた頑張るぞ!と意気込んだりしています。いつもありがとうございます。

Q13.好きなものやハマっていることを教えてください!

なんだろう、お豆腐が好きです。

Q14.今後書いてみたいストーリーや展望を教えてください!

This Way.』という作品がようやく下巻まできました。ラストスパートです。どうしようもない二人のお話です。かっこよくないヒーローと素直じゃないヒロインが、人間らしくて気に入っています。二人を幸せにできたらいいなと思っています。

Q15.最後に、読者のみなさんへメッセージをお願いします!

いつもお世話になっております。藤川巴です。まさかこのインタビューなるものを受ける事になるとは思ってもおりませんで、大変驚いています。私の好き勝手に始めたこの活動を星の数ほどある中から見てくださる方がいる奇跡に、今でも胸がいっぱいです。自分の書きたいように書いているうちに、私の作品が皆さんが少しでも前向きになれる何かであればいいなと思うようになりました。明日もまあ頑張ろうかなぁと思えるような作品を、これからもこっそり書いていきたいです。皆さんの暇つぶしのひとつになれれば嬉しいと思います。いつもお付き合いいただき、ありがとうございます。

← 注目作家 一覧に戻る

このページのTOPへ