日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説投稿サイト

注目作家インタビュー 作家さんの生の声&魅力をお届け★

魔法のiらんどNOVEL 注目作家さんへのインタビューを毎月ご紹介!
作家さんの魅力をお届けします★

なむるさん

2019年6月の注目作家

なむるさん

『シャクナゲボーイ!』シリーズや『ご注文はお決まりですか?』などの人気作品を執筆しているなむるさん。ユーザーさんリクエストにお応えしてご登場いただきました!

Q1.魔法のiらんどを利用し始めたキッカケを教えてください!

中学卒業後に自分の携帯電話を手に入れまして、初めてケータイ小説を読んだサイトが魔法のiらんど様でした!当時ランキング上位だった『50センチの約束』(著:わたあめさん)などいろいろ読んだのですが、中でも朝比奈ヨウ様の『オオカミ店長』が大好きで、私もこんなラブコメが書きたいなあと思って次の日には書いてました!

Q2.初めて書いた作品はどんな作品ですか?当時を振り返ってどんな思い出がありますか?

初めて書いたのは『菓子部』という作品です。とにかくラブコメが書きたくて書き殴っていたので、やりたい放題めちゃくちゃ楽しく書いた記憶しかありません。イイねコメントをちょくちょくくださる方がいて、コメントがつくたびにめちゃくちゃ喜んでいました。作品も私もピュアでした、とても。

Q3.どういった時にストーリーを思い付きますか?

素敵な歌詞の曲を見つけて勝手にストーリーを膨らませてみたり、漫画とか小説とか面白いものを読んだあとにこんなの書きたい~ってなったり、その辺で見つけたお店やら人やらの日常を勝手に妄想して膨らませたり、とにかく妄想が趣味なのでいつでも思い付きますかね。ストーリーというか妄想ですね。世の中エモで溢れかえってますから。

Q4.キャラクターの設定は、どのように決めていきますか?

容姿も性格もはじめに結構細かく考えますが、実際書いて動かしてみないと全然掴めません……。書きながら急にヒロインに惚れる男が出てきたりして、なるほどお前そうだったのかってなりますね。結論、キャラクター設定なんてあってないようなもんでしたすいません。ノリです。

Q5.ご自身の作品で、特に思い入れのある作品は?

シャクナゲボーイ!』ですかね……。

Q6.『シャクナゲボーイ!』への思い入れや、アピールポイントを教えてください!

ジャンル人気に助けられている部分は大いにあるのですが、多分自作の中で1番たくさんの人に愛していただいている作品なので、私にとってはたくさんの読者様と繋がるきっかけの作品でした!思い入れ満点!逆ハーで主要キャラの人数が多いのですが、それぞれがお互いにとって代わりのいない存在であるということを大事にして書いたつもりなので、キャラ同士の関係性に深みがあるといいなあ(願望)。

Q7.ご自身の作品で、特に思い入れのあるキャラクターを教えてください!

『シャクナゲボーイ!』の滝谷水樹です。

Q8.「滝谷水樹」への思い入れや、このキャラクターのここを見て!といったポイントを教えてください!

水樹には『シャクナゲボーイ!』のスピンオフ、『ご注文はお決まりですか?』でヒーローをさせました。彼はヘラヘラした長髪の女好きというどこにでもいるテンプレ野郎ですが、2作品を通して1番成長して1番幸せになったキャラかなあと思っています。とにかく我儘で臆病で脆くて1人じゃ生きていけないのに、甘えるのは苦手というとても面倒臭い彼だからこそ、たくさんの人の愛に触れて成長していく姿が見えるんじゃないかと思います。ついいじめたくなる奴です。S心をくすぐること間違いなし!多分!

――ユーザーさんからの質問です!

Q9.キャラクターたちがとても魅力的で応援したくなります!どんな風にお話を考えているのですか?

キャラクターたちを応援してくださってありがとうございます!とっても嬉しいです!私は大体いつもキャラクター主導でストーリーを書くので、キャラクターの弱みを大事にしているつもりです。キャラクターが抱えている弱さを補ったり克服したりすることでストーリーが進むという流れですかね。要は各キャラクターを最終的にどう成長させたいかということです。
真面目に答えましたが上記の方法で1割、あと9割はノリで書いてます。参考にしないでください!

Q10.スラスラと読みやすく、あっという間にページが進んでいきます。なむるさんのような繊細な心理描写を書くにはどうすれば良いですか?

嬉しいお言葉をありがとうございます!繊細な心理描写は目指しつつもできているのか謎ですが頑張って答えますね!

私はまずはキャラクターの性格をしっかり掴むところから始めます。同じ景色を見ても、その時に思うこと感じることはキャラクターによって違うと思いますし、その違いがキャラクターの個性であり深みになっていく部分だと思います。あとは、私の作品は全部一人称視点なので、言ってしまえばセリフも状況説明文も全部心理描写みたいなものなんですね。語り手の言動や目線にも、そのキャラクターの個性が見えるように書きたいなあと思っております。つまりこちらはまだ願望ですね!実践できたらいいな!

Q11.プロットやメモなどは作成しますか?作成する際のやり方を教えてください!

一応メモアプリにキャラクター設定やストーリーの流れとかは書いています。あとはキャラクター同士の呼び方表を作ったり、書きながらその場で設定を付けちゃったりするのでそれをメモしておいたり、割とメモ大好きですね!でもまあ書けば書くほど初期設定からはズレていくしそれが醍醐味だって勝手に思ってます!初期設定以上のものが出来上がった方が嬉しいよね!

Q12.執筆する上でこだわっている部分や意識していることはありますか?

著者名と作品名を見てもらうだけで私がいかにこだわりのない人間か分かると思うのですが、数少ないこだわりを発表すると、「読み手にこそ伝わること」と「キャラクターが唯一無二であること」の2つですかね。

私は、作品とは読んでくれる人がいるから成立すると思っているので、読み手に伝わらないこだわりは私のこだわりに反します。私の作品を読んでくれている人にこそ伝わるものを書きたくて、例えば悲しいという感情1つでも、それを表現する語彙をたくさん拾ってくるより、キャラクターの性格や背景から滲み出た言葉を使いたいです。それは多分読者様にこそ伝わるものだと思うので。

キャラクターが唯一無二というのは、物語にとっても各キャラクターにとっても、それぞれが他のキャラでは補えない1人であってほしいということです。なかなか難しいんですが、そうあるように書きたいなと思っています!

Q13.読者のみなさんとのコミュニケーションは活用していますか?

よく、なにも書けないこりゃ大変ってことになるのですが、そんな時にリクエスト募集します!みなさん反応くださって本当にありがたいです。

Q14.最後に、読者のみなさんへメッセージをお願いします!

愛しの読者様、このインタビューがこんな焼肉屋のサイドメニュー作家にまで回ってきて、そろそろネタ切れかしら大丈夫かしらと思っていますが皆様のおかげです。大感謝。そこそこ長いこと書いていますが、本当に厳しいコメントとか全然もらったことがなくて、みなさん優しすぎて、なるほどこれが世界平和かと。ウィーアーザワールドかと。読者様大好き芸人として心から感謝を伝えたいと思います。読者のみんな……!今日までこんなどうしようもねえ私を……好き勝手ノリでやってるこの私を……愛してくれて……ありがとう!!!

← 注目作家 一覧に戻る

このページのTOPへ