日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説投稿サイト

魔法のiらんど運営がpushするオススメ作品を紹介します!

みんなのオススメ作品・作家さんや、pickupしてほしいジャンル・キーワードも募集中!
リクエストはココをクリック♪

お薦め作品 pickup

純白に涙を/青葉 はな

#切ない #再会 #哀しい白

「聞きたいこと、たくさんあるんだよ」「聞かなくていいよ」
優しい声色で、酷いことを言う。
ねぇどうして、君はまた白を背負って遠くへ行ってしまうの。

エイナルカ国の娘/泉 京仁

#魔法士 #独占欲 #三角関係

この世界には2種類の人間がいる。魔法を使える者と、使えない者。
『魔法士排斥』を徹底しているエイナルカ国で暮らすクラリスは、ある日、魔法士の少年と出会ってしまう。彼をかくまうようになってから、クラリスの生活は一変していき……。

秘密の恋/sin

#叶わぬ恋 #姉弟 #再会

なんで私は姉で、なんで君は弟なのだろう――。

プロミスリング【完】/樋口藍花

#クリスマス #ほっこり #Happily ever after!

宝物の指輪がなくなった!
12月24日の朝、10年付き合っている彼氏を叩き起こすと――……。
「正直者だねぇ。いい子のりっちゃんにはこれをあげよう」

ヒーローと野良猫/氷月 旭

#風物詩企画 #幼馴染 #春 #静岡

春、それは、出会いと別れの季節。
キミが特別な存在に変わったこの地で、幼馴染としてのキミにさよならを――。

少女の黙示録/鈴原夏夜乃

#ヤンデレ #壊れた腕時計 #先輩

「その左腕を私にくれるだけでいいんです」
どんな卑怯な手を使ってでも彼のことが欲しかった。
だって、彼のことが、好きだから――。

嘘つきの“愛してる”/奏

#掴めない先輩 #独占欲 #誰を見てるの?

口元をつりあげて、作ったような、自分が綺麗だということを自覚してる笑い方。「嫌な笑い方」これが、あたしと理央さんの出会い。そして、自分が“2番目”だと気付いていく始まり

素直で我儘な、大人たち。/中め

#大人LOVE #ビター #課長

浮気をした彼氏は関係を修復しようと尽くしてくれる。けれど私は、傷付いた自分の心の回復さえままならないまま、課長に気持ちを傾けている。

優しい嘘ならつかないで/藍沢ユウナ

#記者 #復讐 #結婚

「今、幸せですか?」
世も羨む美男美女のビックカップル。結婚を控え幸せの絶頂にあるはずの二人。
私はその“幸せ”に小さな違和感を覚えた――。

溺れるほどに愛されて、溺れるほどに愛する/妃沙

#お姫様 #魔法 #溺愛

「私が、あなたを守って差し上げます」
どんなに願っても、どんなに望んでも、どんなに求めても、自分に差し伸べられる手などないと思っていた。
そう、あの時までは――。

恋に溺れて【新作】/葉月結花

#切ない #男目線 #大きな秘密

「本当に忘れたいの?」「......うん。」
彼女の嘘を、はじめて見抜けた瞬間だった。
――本当の君はどこに隠したの?

Hanna,/菜木 ナエ

#泣ける #I love you

どうすればいいのかわからなかった。どうしたいのかもわからなかった。それでも君にどうして欲しいのかは、明白だった。――生きて。

恋混東西/永町なな

#不良 #逆ハー #東西戦争

何も楽しいことのない、辛いだけの街を抜け出してやってきた新しい街。久しく感じることのなかった胸のときめき、期待――、しかし、それらはものの見事に打ち破られた。
割れた窓ガラス、散らばる煙草の吸殻、理解不明な壁の落書き、荒廃した校舎……。生暖かい風が吹き校庭の黄色い砂を巻き上げた。
この時、私は確かに思った、「…………帰ろう。」と。

ナナフシギ/上村あかり

#ホラー #浮気性の彼氏に捧げる

付き合ってもうすぐ2週間になる彼氏はだれにでも優しく、クラスの人気者。彼の唯一は私だと信じていたのに、彼は私じゃない女と唇を重ねていた。そんな時、学校の中庭の木が呪われていると耳にして、強く惹かれた。

ちル/はるかぜ

#男子高校生 #謎の女 #年の差

「お前の命、いくらなの」
俺を買ったのは、綺麗で、口の悪い、謎の多い女。

funny, unconscious, loose/藤川 巴

#男目線 #ビョーキ #魔性の女

「地獄に落ちればいいのに」
うっかり俺なんかを好きになった、浅はかで、馬鹿な女。今俺をわくわくさせてくれるのはこの女じゃない。もう一生、この女では不可能だろう。

奇跡が起こした必然【完】/miNato

#奇跡 #二つの世界 #姉弟

「わりぃけど、姉弟でいるのはもう無理だし、俺は本気だから
出会うはずのない二人が出会い、叶うはずのない恋が叶った。これはきっと強い思いが起こした奇跡であり、そして必然だった――。

もっと見る

リクエストする

他の企画もチェックしてね♪

  • 双葉社コミック 原作小説コンテスト
  • 参加小説Novelite バックナンバー

このページのTOPへ